夢中になったり、やめたりしたもの

この記事は 2019 Advent Calendar 2019 16日目の記事として書かれました。
昨日は H.Kanamori さん、明日は hysysk さんです。

 

「凶」から始まったらしい。

 

 

と言っても、 3日後にはすっかり忘れてしまっていたし、良い結果の時のみ信じる都合のいい解釈をしているので、何か悪いことや落ち込むようなことがあった時に、「やっぱりおみくじで今年は凶がでたから…」みたいなことは一度もなかった。でももしかしたらその方がラクに対処できたのかもしれない。

 

 

 

今年のベスト、細かく挙げれば色々あるけれど、一番長い時間触れていたという点でポケモンだと思う。ひょんな事から、やめていたポケモンGOを再開し、ポケモンカードに手を出し、アニメ、映画、イベント、ぬいぐるみ、ゲーム、とありとあらゆる「ポケットモンスター」と名がつくものに触れた1年だった。第四世代くらいまでは当時熱中していたので、懐かしさもあり夢中になって楽しんだ。まだまだハマっている。

彼女、職場の同僚、大学時代の友人、ポケモンがキッカケで知り合ったコミュニティなどそれぞれとそのぞれの楽しみ方があって、それが良かった。

 

 

 

逆に、その分触れる時間が減ったもの、意識的に減らしてみたものがある。

Twitterをみる時間、人のブログを読むこと、というかその人のマインドや考えていること、主義主張が書かれた文章全般など。全く見ないとかじゃなくて、以前よりも減ったというかんじがしている。多分夏ごろから。

生活をしていれば当然ニュースも見るし、映画を観たら他の人の感想も気になって調べたり、とにかく自分と同じ意見でも、違う意見でも以前は調べるってことをしていたんだけど、それをやめた。本の感想とかも同じ。

 

大体のこと、自分に全く関係がない。

知らなくても良い。

なのにそのことで気持ちが左右されてしまうことが今年は多かった気がしていて、それに疲れたというのがある。

 

 

 

きっと全部やめるってのは不可能であるけれど、それでもわざわざこちらから取りに行く必要のない情報はそのままにしておくってのができるようになってきた。

 

 

 

このアドベントカレンダーに参加するのも今回で3回目で、前に書いた記事を読んだら「あぁ、この年これに夢中だったな。もうやめたけど」とか懐かしい気持ちになったし、来年も何かに夢中になって、何かをやめるんだろうなと思うと楽しみになってきた。

それでは良いお年を。 

 

 

これは 2019 Advent Calendar 2019 第16日目の記事として書かれました。

明日は hysysk さんです。